Service Philosophy

アートをもっと身近で楽しめるものへ



オンライン美術館FamiliArt(ファミリアート)はアート鑑賞の楽しさをより多くの人に感じていただきたい。そんな想いでサービスを立ち上げました。FamiliArtというサービス名には英語のFamiliar(身近な、親しみのある)とArt(芸術)の2つの単語を掛け合わせ造語となっております。アートを万人にとってより身近なものにし、楽しんでいただきたい。それが本サービスのMissionであり、その想いをサービス名にも込めています。

SponsorShip
~ご支援いただいた皆様~

この度はFamiliArtを運営するためにご支援頂いた皆様を掲載させていただきます。お名前と応援メッセージだけの掲載となりますが、この場を持って改めて御礼申し上げる次第であります。今後もFamiliArtをどうぞ、よろしくお願いいたします。

芸術ってよく分からない。何をどう鑑賞すればいいんだ?




皆さんはの中には、そう感じたことがある人も多いのではないでしょうか。その気持ち、とてもよく分かります。誰だってほとんどの人は初めて芸術作品を見たときはそう感じます。何となくすごいのは分かるけど、なかなか自分の中で腑に落ちない時があると思います(それが芸術の面白いところでもありますが)。ただぼんやりと見ていても何も思考を発散または深めることができないと思います。恥ずかしながら私も数年前まではそうでした。例えば、美術館に行って何となく解説を聞いて絵画を眺めていても、出口を出ると、「あれ?どんな絵画があったっけ?」と何かを得た感覚もなく美術館を後にしていました。今ではなんとももったいないことをしていたんだと思います。ある芸術の本を読む機会があり、ある程度の知識を得たうえで美術館に行くことがありました。そこに待ち受けていたのはこれまでとは全く違う世界でした。その展覧会のテーマや絵画が描かれた時代的な背景や作者の生涯を知ることで絵画に描かれていることが様々なメッセージに感じられたのです。その時初めて、“絵画を読んだ“感覚を味わいました。今でもあの時の感覚は忘れられません。あの感覚を一人でも多くの人の感じてもらいたい。そんな思いでFamiliArtを始めさせていただきました。